社会福祉法人 真正会

真正会について

理事長あいさつ

「希望の明日へ Step by Step」

明けましておめでとうございます。
先の見えない新型コロナウイルス感染症の蔓延が続きますが、対処方法が徐々に確立して、早く光が見えてくると良いですね。

今年の私たちのテーマは「希望の明日へ Step by Step」になりました。霞ヶ関南病院やまぶき病棟の二人の作業療法士さんが応募してくれたテーマが、応募総数191の中から選ばれました。前を向いて一歩ずつ歩んでいくことの大切さを、グループとしても、スタッフ個々にとっても、そしてリハビリテーションに励まれている皆さんにとって、日々唱えてほしいテーマになりました。私の座右の銘に「不東(ふとう)」という言葉があります。玄奘三蔵(尊称:三蔵法師)は国禁を犯してまで真の仏法を求めてインドに旅立ちます。道中、大切な水を失い、さすがの玄奘三蔵も一旦は元に引き返そうとしますが、出発前に願を立てインドに着くまでは一歩も東に帰るまいと誓ったことを思い出します。いかなる困難に直面しても、たじろぐことない「不東」の決意、精神力が玄奘三蔵の生涯を支えた力だったそうです。コロナ禍の続く中、様々な災害に見舞われる中、前を向いて「希望の明日へ Step by Step」を今年一年唱え続けて実り多い年にしたいですね!

昨年、東京オリンピックのゴルフ競技に対して、グループ全体で支援しました。Hauskaa(ハウスカ)では、マンションの3部屋を選手や関係者に提供し、2階のダイニングは日本ゴルフ協会の本部に、霞ヶ関在宅リハビリテーションセンターのトレーニングルームの活用、南病院では大会会場に入らないサポートスタッフに対して毎日PCR検査を実施するなど、High Performance Centre for Tokyo 2020 として、チームの一員のようなサポートができました。感染症はもちろん、事故なく提供できたこと、まさに社会貢献できたこと、本当に良かったと思います。

 

2022年1⽉ 吉日

かすみケアグループ

社会福祉法人 真正会 理事長

医療法人 真正会 理事長

一般社団法人 Hauskaa 代表

斉藤正身

文字サイズの変更

シェアする

お知らせ

お問い合わせ