社会福祉法人 真正会

真正会について

理事長あいさつ

今年のテーマ
つなぐバトン 五色に輝け 『かすみ』の輪

 2020年(令和2年)を迎え、私たちの「今年のテーマ」は,「つなぐバトン 五色に輝け 『かすみ』の輪」になりました。 私たちは昭和60年(1985年)から、年頭にその年の「テーマ」を決めて、一つのチームとして運営してまいりました。「微笑」「笑顔」「気くばり」「誠実」「善意」「主役」「インフォームドコンセント」「初心」などの言葉をテーマとして掲げてまいりましたが、平成5年(1993年)より、スタッフから募集したテーマを選定するシステムになりました。その時の記念すべきテーマが「もっと!コミュニケーション」でした。当時、霞ヶ関中央病院と霞ヶ関南病院間の連携や病棟間での情報共有などが何となくしっくりいかない時期だったことが反映されて選ばれたことを思い出します。平成10年(1998年)の「目くばり 気くばり 思いやり」からは、朝礼や集いの場で唱和するようになり、以後「きっと もっと ずっと」「つつむやさしさ 貫く勇気」「ありがとう その一言に ありがとう」など、唱和しやすいフレーズが選ばれました。 その時代や出来事が反映されることも多く、今回も昨年のラグビーW杯の影響もあり「ONE TEAM」が含まれた作品が多数応募されました。とは言え、今年は東京オリンピックです。バトンをつないで輪を作る、正に今年にふさわしいテーマだと思います。グループ内にとどまらず、地域との協働をイメージできますね! 地域共生社会の実現に向けて、これまで以上に医療介護にとどまらない町づくりをグループとしても本格化させていきたいと思います。その象徴とも言える一般社団法人Hauskaaを一昨年前に立ち上げましたが、その活動は新たな住まいの創造にとどまらず、町づくりに必要な様々なアプローチを展開していきたいと考えています。医療法人、社会福祉法人と共に、かすみケアグループの取り組みに注目していただき、自助・互助・共助・公助で成り立つ社会を地域の皆様と一緒に実現していきたいと思っています。   「つなぐバトン 五色に輝け 『かすみ』の輪」 今年もよろしくお願いいたします。

令和2年1⽉

かすみケアグループ

社会福祉法人 真正会 理事長

医療法人 真正会 理事長

一般社団法人 Hauskaa 代表

斉藤正身

文字サイズの変更

シェアする

お知らせ

お問い合わせ