真寿会  
HOME 真寿会とは 入居相談 ご利用料金 情報公開 Q&A お問い合わせ
HOME > 明日へのメッセージ
文字の大きさ 小 中 大

理事長あいさつ

社会福祉法人真寿会 理事長 斉藤正身よりスタッフへのメッセージです。

明日へのメッセージ<161>

 台風や低気圧の影響で雨が多く日照時間が極端に短い日々が続いています。
在宅のサービスはもちろん、出勤時も十分気をつけてください。

早いもので9月も今週で終わろうとしています。グループにとっても上半期が終了するわけですが、両法人ともに皆さんの日々の努力に感謝感謝です。
全てが思った通りにはいかないでしょうが、10月からの下半期に向けて、上半期の課題分析を忘れないようにしてください。これは施設、病院という単位だけでなく、皆さんの現場の取り組みを基本に見直していくことが必要です。
もっと言えば個々人のレベルで考えてみると良いですね。私自身も個人的に見直しに入りました。自分のやるべきことが達成できているのか?やらなければならないことを見逃していないか?今週のうちにしっかり整理して、下半期に入っていきたいと思っています。

先週、母校(大学)の教壇に立ち、後輩たちに地域リハビリテーションや介護保険制度のことを話してきました。もう3年目になりますが、私が伝えたいことと、彼らが理解しなければならないことが必ずしも一致していないかもしれないと思いながらの講義でした。
これは急激に進む世の中の変化に対して、講義しなければならない内容が若干ずれてきているのですが、それは今までの経過を知った上で「今」のことも伝えたいと思うちょっと欲張りな考えがあって、勝手に自分で悩んでいるんです。
お恥ずかしい次第ですが、今週は目白大学の講義や看護専門学校の講義もあるので、なおさら「伝える」ことをもう一度考えてみようと思っています。

真正会では理事長講話が来週で3回目になります。
現場からの要請に応える形で始めましたが、話したいことが予想以上に昔のことになっていて、当時を知るスタッフがとても少なくなっていることを再認識しています。伝えることの難しさや、一度そのことを怠ると大変な労力が必要になることを痛感しています。
皆さんは如何ですか?


会長宅の庭先で


2016年9月27日

理事長 斉藤正身



バックナンバー

△このページのトップへ

介護老人福祉施設
短期入所生活介護(ショートステイ)
居宅介護支援
通所介護(デイサービス)
訪問介護(ホームヘルプサービス)
川越市地域包括支援センター小仙波
生きがい対策事業
グループホーム
介護老人福祉施設 真寿園
ケアセンターよしの
ケアセンター小仙波
ケアセンター川鶴
さをり工房
 

Copyright (c) Sinjukai All rights reserved.

社会福祉法人 真寿会
〒350-1173 埼玉県川越市安比奈新田292-1
TEL:049-234-8838 / FAX:049-234-8839