真寿会  
HOME 真寿会とは 入居相談 ご利用料金 情報公開 Q&A お問い合わせ
HOME > 明日へのメッセージ
文字の大きさ 小 中 大

理事長あいさつ

社会福祉法人真寿会 理事長 斉藤正身よりスタッフへのメッセージです。

明日へのメッセージ<160>

 もう8月ですね。日曜日、久しぶりに自宅で過ごす時間が取れたので、休みがあるときに少しずつ進めている部屋の片付け、断捨離のようなことをしていました。
全く手付かずだった棚の整理をしている中から一冊の本が出てきました。「福祉の論点」という研究者や実践者からの提言をまとめた2001年発刊の書籍です。
児童保育、障害者、高齢者、介護保険、社会保障、福祉一般の6つのテーマに対して94人が持論?を展開しています。今から15年前に94人の論客は将来に対してどんなことを思い考えていたのか、その提言は現在実現しているのか興味が湧き、部屋の片付けは小休止して改めて読み返してみました。今でもご健在で第一線で活躍されている方が多いことには感慨深いものがありましたが、提言とは全く違う状況になっていることや、未だに同じ問題を抱え結論が出ていないことなど、改めて課題解決の難しさを痛感していました。
読み進めていくうちに、あれっ、どこかで見た顔と名前・・・実は私も介護保険の項目の中の「療養病床のゆくえ」というテーマを担当していたんですね(^^)
療養病床が医療保険と介護保険のどちらにも存在することに対して改めて違和感を持ち、介護保険をベースにしながら、提供された医療やリハビリテーションに関しては医療保険で賄うべきではないかと論じています。今も考えは変わりませんね!

現在、国は長期入院の多い療養病床を廃止・転換して医療費の抑制につなげる新しい制度の検討を始めていますが、社会保障のあり方自体が揺らいでいる現状は、15年前にも多くの人たちが危惧していたことであり、山積する課題が解決されていないどころかさらに大きくなっていると思います。

今回の一枚は・・・

フィンランドのセイナヨキ市に展開されている建築家アアルトの作品(建物)群です。
詳細は次回にでもお伝えしましょう!

2016年8月1日

理事長 斉藤正身



バックナンバー

△このページのトップへ

介護老人福祉施設
短期入所生活介護(ショートステイ)
居宅介護支援
通所介護(デイサービス)
訪問介護(ホームヘルプサービス)
川越市地域包括支援センター小仙波
生きがい対策事業
グループホーム
介護老人福祉施設 真寿園
ケアセンターよしの
ケアセンター小仙波
ケアセンター川鶴
さをり工房
 

Copyright (c) Sinjukai All rights reserved.

社会福祉法人 真寿会
〒350-1173 埼玉県川越市安比奈新田292-1
TEL:049-234-8838 / FAX:049-234-8839