真寿会  
HOME 真寿会とは 入居相談 ご利用料金 情報公開 Q&A お問い合わせ
HOME > 明日へのメッセージ
文字の大きさ 小 中 大

理事長あいさつ

社会福祉法人真寿会 理事長 斉藤正身よりスタッフへのメッセージです。

明日へのメッセージ<158>

 またしても起こってしまった大災害…自然災害の恐ろしさを今回も痛感することになってしまいました。多くの友人や知人が被災者になり、一日でも早く支援に入りたい気持ちでいましたが、リハビリの支援チームである全国組織JRATの一員として、それも都道府県単位のチームで活動することになりましたから、現地からの直接の要望に応えられないもどかしさを感じています。
もちろん物資の支援は既に行っていますが、人的な支援ができていません。
災害が起こった時の支援活動では必ずと言って良いほど個々の思惑がぶつかり合い、信頼関係にまで影響を及ぼします。特に5年前の東日本大規模災害の際には、私自身がその真っ只中にいて、多くの皆さんにご心配をかけるような「遺恨?」を作ってしまいました。その結果、今でも以前のようなお付き合いができなくなってしまった先輩がいます。本当に悲しいことで、一度狂った歯車は簡単に修正できませんね。終わったことは仕方がないので、これからに活かしていきたいと思っていました。
そして今回の熊本・大分地震です。組織の一員として活動に参加することをメインに…と思いながらも、法人として社会貢献を打ち出していることも大切にしていきたいと考えているところです。
JRATとしての活動も始まりますが、熊本・大分に対して法人としての活動を何らかの形で開始していきたいと思っています。

 新年度最初の明日へのメッセージが、またしても災害に関わることになりました。
私たちの「仕事」がフォーマルなことだけではないことを再認識しましたね。
まずは地域のための備蓄の確認をしていきましょう。
病院や施設、事業所は、災害時に様々なスペースとして地域に貢献できるはずです。
支援に出かけるばかりでなく、有事に対応できる私たちの資産を着実に準備しておくことが求められていると信じています。

2016年4月28日

理事長 斉藤正身



バックナンバー

△このページのトップへ

介護老人福祉施設
短期入所生活介護(ショートステイ)
居宅介護支援
通所介護(デイサービス)
訪問介護(ホームヘルプサービス)
川越市地域包括支援センター小仙波
生きがい対策事業
グループホーム
介護老人福祉施設 真寿園
ケアセンターよしの
ケアセンター小仙波
ケアセンター川鶴
さをり工房
 

Copyright (c) Sinjukai All rights reserved.

社会福祉法人 真寿会
〒350-1173 埼玉県川越市安比奈新田292-1
TEL:049-234-8838 / FAX:049-234-8839