真寿会  
HOME 真寿会とは 入居相談 ご利用料金 情報公開 Q&A お問い合わせ
HOME > 明日へのメッセージ
文字の大きさ 小 中 大

理事長あいさつ

社会福祉法人真寿会 理事長 斉藤正身よりスタッフへのメッセージです。

明日へのメッセージ<148>

 「患者さん一人あたりの手指消毒の実施回数」の1年間の実績を霞ヶ関南病院の伊藤病院長から
報告がありました。病棟のデータで昨年の5─8月には他院と比べてかなり回数が少なく、
感染症の多くなる9月以降にはインフルエンザの流行も意識した結果、9─12月ついてはかなり
改善されましたが、1─4月には再び意識が薄くなっているためか習慣として(義務として)手指消毒
されていないことが判明しました。これはあまり良い話しではありませんね。
医療や介護の現場に携わる私たちにとって、媒介者になってしまうことは最も避けたいことです。
これは病棟に限らず、通所、訪問のスタッフ、そして直接患者さんと接する機会が少ない部署や
スタッフにとっても同様ですよ。データ集計を始めた時にはまったく手指消毒が行われていなかった
病院が、次の4ヶ月、そして次の4ヶ月と右肩上がりに実践されている統計も示されました…本当に
見習いたいものですね。
なぜ手指消毒が必要なのかをもう一度各部署で確認し、その意義を十分に理解し実践してほしいと
思います。
どうすれば、習慣として定着させることができるのか、ぜひ各チームの取組みを期待しています。
きっとこの課題は真寿会でも同じですよね、感染症予防は一年を通して大事なテーマであることを
忘れないでくださいね。
とにかく6月は両法人全体で励行月間としましょう!!

 新潟で行われた日本リハビリテーション学術集会、年に一度だけお会いする方、お互いに頼み事が
あって「良いところに…」なんて会話から始まる仲間、そして以前当法人で働いていたスタッフとの
再会など、先週末には様々な出会いがありました。そんな中で、昨晩嬉しいメールが届きました。
3月に退職したリハビリのスタッフから新しい職場で気持ちも新たに頑張っていること、
今でも真正会の先輩や同期と連絡を取り合っていること、
そしてお世辞かもしれませんが私との再会を楽しみに思っていること、本当に嬉しい便りでした!



週末に訪れた「魚沼の里」
驚きました、菜の花ですよ!!
今年も秋に一泊旅行で出かけますが、新緑と菜の花のコントラスト、カレンダーにしたいくらい
本当に素敵でした(^^)
ほんのちょっとお月さまも顔出して…(^^);;

2015年6月1日

理事長 斉藤正身



バックナンバー

△このページのトップへ

介護老人福祉施設
短期入所生活介護(ショートステイ)
居宅介護支援
通所介護(デイサービス)
訪問介護(ホームヘルプサービス)
川越市地域包括支援センター小仙波
生きがい対策事業
グループホーム
介護老人福祉施設 真寿園
ケアセンターよしの
ケアセンター小仙波
ケアセンター川鶴
さをり工房
 

Copyright (c) Sinjukai All rights reserved.

社会福祉法人 真寿会
〒350-1173 埼玉県川越市安比奈新田292-1
TEL:049-234-8838 / FAX:049-234-8839