真寿会  
HOME 真寿会とは 入居相談 ご利用料金 情報公開 Q&A お問い合わせ
HOME > 明日へのメッセージ
文字の大きさ 小 中 大

理事長あいさつ

社会福祉法人真寿会 理事長 斉藤正身よりスタッフへのメッセージです。

明日へのメッセージ<125>

 6月3日にスタッフ海外研修(オーストラリア)から帰ってきました。
今回はシドニーのリハビリ病院や高齢者住宅、タスマニアではアダーズナーシングホームをはじめ、
いつも視察しているところが中心でしたが、開発中の高齢者住宅の視察も組み込みました。
「住まい」については国際的にも多くの国々で活発な動きがあり、特に住み慣れた地域に居ながらに
して安心・安全を確保した住宅への住み替えが進められています。

今回、シドニーとホバートのインディペンデント・リビング等を見学して感じたことですが、
安心・安全に加えて「社会参加」を求めて転居される方々がとても多いことを再確認できました。
常日頃、人の暮らしには「居場所・行き場所・座る場所」が欠かせないことを皆さんに伝えていますが、
単に高齢者のための住まいを整備するだけではなく、そこに社会が生まれるような設計やノウハウの
必要性を痛感しました。今後、私たちのグループも「住まい」に前向きに取り組んでいくことになります
が、海外視察で得た見識を活かしたアプローチをしていきたいと思います。

 John Tooth 先生はとてもお元気でした!New ADARDS を2年後には作ると80歳を超えられても
驚くほど前向きな活動を続けられています。
Max という相棒(Dog)ができたことも微笑ましく感じました。今回はとにかく盛り沢山の話題が
ありますから、改めて報告したいと思います。
 一昨日のサッカーのワールドカップ予選オーストラリア戦は帰国翌日だったこともあり、
とても盛り上がりました。あちらの新聞やテレビでも連日のように報道されていましたから、
オーストラリアの人たちはかなり落胆していると思います。サッカー人気は年々上昇している
みたいですしね。



シドニーでは「Vivid」という街全体が音と映像のイベントが毎晩開催されていました。
この写真はオペラハウスに様々な映像が映し出される光景の一部です。ちょっとピントが合っていませんが、ほろ酔い気分なのでご愛嬌(^^);;
このような素敵なイベントを体験すると、準備段階で寒さがとても気になっていましたが、本当に良い時期に企画できたと思いました。



エネルギッシュなシドニーの街でしたが、いつも変わらぬタスマニアの自然もやっぱり素敵でした。
心が救われるような気持ちになったのは、きっと私だけではないと思います(^^)


平成25年6月7日

理事長 斉藤正身



バックナンバー

△このページのトップへ

介護老人福祉施設
短期入所生活介護(ショートステイ)
居宅介護支援
通所介護(デイサービス)
訪問介護(ホームヘルプサービス)
川越市地域包括支援センター小仙波
生きがい対策事業
グループホーム
介護老人福祉施設 真寿園
ケアセンターよしの
ケアセンター小仙波
ケアセンター川鶴
さをり工房
 

Copyright (c) Sinjukai All rights reserved.

社会福祉法人 真寿会
〒350-1173 埼玉県川越市安比奈新田292-1
TEL:049-234-8838 / FAX:049-234-8839