真寿会  
HOME 真寿会とは 入居相談 ご利用料金 情報公開 Q&A お問い合わせ
HOME > 明日へのメッセージ
文字の大きさ 小 中 大

理事長あいさつ

社会福祉法人真寿会 理事長 斉藤正身よりスタッフへのメッセージです。

明日へのメッセージ<166>

 本当に久しぶりのメッセージです。例年と比べて本当に忙しく慌ただしい夏でした。特に7月から8月初旬にかけては、埼玉育児院のチャリティーコンサートから始まり、地域リハの全国大会の主催、老健の全国大会で愛媛県松山市、そして熊本で開催された全国デイ・ケア研究大会などが毎週のように行われ、落ち着く暇がありませんでした。8月の間には、次期の報酬改定に関連した委員会や会議が頻繁に開催され、毎週のように出張してました。
そんな中でも、家族との夏休みや友人とのゴルフ旅行など、楽しい時間も過ごすことできました。また、愛媛では大学時代の同級生と30年ぶりに再 会できたことは嬉しい出来事でした。瀬戸内海の島で住民のためになくてはならない存在になっている有床診療所を切り盛りしている友人が眩しく映りました。負けてられないな〜〜という感じでした。

 さて、このメッセージもいつものように機上からです。徳島市で開催された 高齢社会をよくする女性の会の全国大会です。来年は越で開催されることが決まっているのでその視察です。
何故女性の会?に思われるでしょうが、今年のように県単位での開催ではなく、川越の場合は市レベルでの開催になりますから、多くの人たちの支 援が必要になります。というわけで、私たち法人もお手伝いを!ということになりました。この大会については後日改めてお話ししましょう(^^)

 今回、徳島行きを決めたもう一つの理由があります。それは山上久先生のお墓参りです。平成25年6月に58歳の若さで急逝された先生は、1990年頃より老人の専門医療を考える会で知り合い、友として同志として大切な人でした。アメリカ・カナダへの海外視察の際には、お互いの夢を夜遅くまで語り合ったことが思い出されます。全国デイ・ケア協会にもご尽力いただき、大会を徳島で主催してくださったことも忘れられない思い出です。100キロ超級のお身体で、本当に細やかな気遣いができる優しい兄貴でしたね。仕事の都合もあり、通夜・告別式にも伺うことができなくて、不義理がずっと気になっていました。
今回、先生のまさに同志で見事に後継されている奥様、山上敦子先生のご厚意に甘える形でお墓参りが実現しました。瀬戸内海が一望できるお墓は、海に面して大鳴門橋を望む鳴門山上病院のロケーションとも重なり、感慨深い墓参となりました。かなり遅ればせながら、ご冥福をお祈りしたいと思います。

 9月に入り、地域包括支援センターかすみが中央クリニックから出て、町の中心でリニューアルオープンしました。誰もが立ち寄れるような素敵な設えになりましたから、スタッフの皆さんも一度は出かけてお茶でもいかがですか(^^)


今回の写真は、女性の会の懇親会で600人の阿波踊りです。
凄い熱気でしたよ^^;



2017年9月3日

理事長 斉藤正身



バックナンバー

△このページのトップへ

介護老人福祉施設
短期入所生活介護(ショートステイ)
居宅介護支援
通所介護(デイサービス)
訪問介護(ホームヘルプサービス)
川越市地域包括支援センター小仙波
生きがい対策事業
グループホーム
介護老人福祉施設 真寿園
ケアセンターよしの
ケアセンター小仙波
ケアセンター川鶴
さをり工房
 

Copyright (c) Sinjukai All rights reserved.

社会福祉法人 真寿会
〒350-1173 埼玉県川越市安比奈新田292-1
TEL:049-234-8838 / FAX:049-234-8839