真寿会  
HOME 真寿会とは 入居相談 ご利用料金 情報公開 Q&A お問い合わせ
HOME > 明日へのメッセージ
文字の大きさ 小 中 大

理事長あいさつ

社会福祉法人真寿会 理事長 斉藤正身よりスタッフへのメッセージです。

明日へのメッセージ<170>

 寒い日が続き、インフルエンザも大流行、様々なリスクへの対応、本当にご苦労様です。

 皆さんご承知の通り、かすみ野には「たすけあいの会」という住民の自助・互助グループがあります。川越市内には様々なグループがありますが、かすみ野の取組みは内外からも多くの注目が集まっています。それは、住民主体の活動を医療法人や社会福祉法人が底支えしていることも一つの要因と言えるでしょう。
住民の主体性が求められている昨今、都道府県の前向きな戦略や市町村のヤル気が前提になりますが、地域の医療機関や福祉施設、関係団体の協働による支援が加わるとさらに厚みのある体制が作れると思います。
 地域包括支援センターが窓口になり、中央クリニックのスペースをお貸ししたり、デイケアが買い物支援サービスに送迎車とドライバーを提供したり、まさに地域に密着したお付合いができていると思いますが、このような活動は私たちからのアプローチというより、住民の皆さんからのアイデアに応える形で進められているところに意味がありますね。
 今まで中央クリニックで月に一度 開催していた「昼飯を作って食べる会」も活動の1つですが、30名程の住民がご自分たちでメニューを考え試作をし、お互いに配慮しながら和気あいあいと作って食べる会が開催されていました。中央クリニックの解体により、その開催が危惧されていましたが、2月18日に試作の会をデイホスピタルで、2月25日の本番を真寿園で開催する提案がありました。私はありがたいことだと思っています。とかく私たちはルールや筋道に拘る傾向にあります。もちろんそれも大切ですが、しかし、そこからは新たな発想が生まれませんね。
 私たちグループの様々な施設を活用してくださることは、私たちにとっても意義深いことで、スタッフの皆さんが地域を意識できる最高のイベントです。病院や施設は入院や入所だけを提供するわけではないですよね。それが私たちグループの生命線であることを再確認してください。

2018年2月14日

理事長 斉藤正身



バックナンバー

△このページのトップへ

介護老人福祉施設
短期入所生活介護(ショートステイ)
居宅介護支援
通所介護(デイサービス)
訪問介護(ホームヘルプサービス)
川越市地域包括支援センター小仙波
生きがい対策事業
グループホーム
介護老人福祉施設 真寿園
ケアセンターよしの
ケアセンター小仙波
ケアセンター川鶴
さをり工房
 

Copyright (c) Sinjukai All rights reserved.

社会福祉法人 真寿会
〒350-1173 埼玉県川越市安比奈新田292-1
TEL:049-234-8838 / FAX:049-234-8839