真寿会  
HOME 真寿会とは 入居相談 ご利用料金 情報公開 Q&A お問い合わせ
HOME > 真寿会とは
文字の大きさ 小 中 大

真寿会とは

当園は、特別養護老人ホーム(定員100名)への入居のほか、ショートステイ(短期入所生活介護:定員20名)、デイサービス(通所介護:定員40名/1日)の居宅サービス、ケアプランを作成する居宅介護支援事業所を有した施設です。

全景写真「老人にも明日がある」を事業理念のもと、「自分が生活したいと思える施設]って何だろう?
そんな素朴な問い掛けから生まれた、アットホームな雰囲気の漂うユニットタイプのケア付き生活支援施設です。

コンセプトは「寄り添う」「ゆっくり」「楽しく暮らす」

8軒の新しい「家」で、自宅を施設へ。
私たちは入居者の皆様と「ともに生きる]ことを考えています。
また、認知症の方のケアの専門性を高め、お世話させていただきます。

■社会福祉法人 真寿会の事業理念

「老人にも明日がある 」は、当法人設立理念である。
この敬愛、敬老の精神を以て当法人の事業理念とする。

■社会福祉法人 真寿会の運営指針

  1. (福祉性)
    利用者に対する処遇は、福祉理念を信条とする。福祉とは、「対象者を正しく理解し、必要かつ適切なサービスを提供すること」と定義する。
  2. (個別性)
    利用者には、可能な限りアットホームの中で、孤独感の解消、人格尊重、豊かな人間性の確保のために、個別性を重視し、「その人らしく」生きることの配慮に徹する。併せて、リハビリテーションを通してADLの向上を計り、結果として、一人でも多くの家庭復帰を期待したい。
  3. (地域性・社会貢献)
    当法人の行う諸事業は、「ホームは地域と離れて存在しない」という指針を以って、先駆的、開拓的な 地域ケアを重点施策とし、そのためには施設機能を在宅サービスにより多く開放することは勿論、コミュニティケアの充実を計る。併せて、地域への積極的な社会貢献活動に取り組む。
  4. (保健、医療、福祉の連携)
    専門職は、専門職領域を以て完結することなく、常に保健、医療を含めて、ケアプランを基軸にしたチームケアによる連携プレーを計り、もって高齢者の豊かな 老後に結合するように努める。
  5. (ボランティアの導入)
    ボランティアの活動は、施設の運営に欠くことの出来ない必要な条件であり、積極的なボランティアの導入を期待し、併せて地域の人々との活発な交流を図りたい。
  6. (協調性)
    当法人は、その運営に当たり、事業理念を支える職員と共に協調の成果を期待し、結果として所期の目的を達成したい。

△このページのトップへ

介護老人福祉施設
短期入所生活介護(ショートステイ)
居宅介護支援
通所介護(デイサービス)
訪問介護(ホームヘルプサービス)
川越市地域包括支援センター小仙波
生きがい対策事業
グループホーム
介護老人福祉施設 真寿園
ケアセンターよしの
ケアセンター小仙波
ケアセンター川鶴
さをり工房
 

Copyright (c) Sinjukai All rights reserved.

社会福祉法人 真寿会
〒350-1173 埼玉県川越市安比奈新田292-1
TEL:049-234-8838 / FAX:049-234-8839